オルタ健康ステーション
TOP あんず薬局 メール アクセス リンク  
 
相談室
リラクゼーションルーム
オルタ健康ひろば
オルタ健康ステーション便り
 


鹿田 玄風先生

鹿田 玄風先生

 

1950年 東京都墨田区生れ
1984年 東洋鍼灸専門学校卒

鍼灸を含めた漢方医学の最も得意とするところは「未病を治す」ということです。
つまり、完全に病気になってしまう前に、その人の体質的な傾向を把握し、いち早く病の芽を摘み取ってしまうことです。

本来の伝統的鍼灸術は、身体の痛む部分のみを対象に治療を行うのではなく、全身の経絡を巡る気血の流れを整えることを主眼とします。
そのためには、まず身体全体の表す症状をよく観察します。つまり、姿勢、顔貌、肌ツヤ、声、匂いなどを感知し、更に脈診、腹診、問診、皮膚の触診等をおこなってから治療に取りかかります。
身体を巡る経絡の流れが整いますと、生命力が強化され、徐々に体質が改善されてゆきますので、継続的に治療を続けていただければ健康維持に最適と思います。

特にストレスの多い現代社会では運動不足と相まって「気の病」が非常に増えております。
漢方医学では古来より心身一如の考えのもとにこれらの治療を有効的に行ってきました。
また、病名の不明な疾患につきましても漢方医学的見地からいろいろな対応が可能ですのでぜひ一度来院されることをおすすめ致します。

別表にもありますように、WHO(世界保健機関)が有効性を認めた疾患には非常に多くのものが含まれております。
しかし、どのような疾患でも、あまり過度に損傷してしまいますと、完全にもとに戻ることが困難になってしまいます。
どうも体調がすぐれない・・という方は本物の「病気」になってしまわぬうちに早めの御来院をお待ちしています。